安全管理のためにエレベーターのメンテナンス実施が重要

Filed in 未分類 Leave a comment

エレベーターにとって必要不可欠な機能がエレベーター安全装置で、万が一の事故が起こった場合でもこの装置を活用する事により最善の方法でエレベーターの修理を行う事が出来ます。
中にはその安全装置を取り付けた事を示す安全マークと呼ばれる印も用意してあり、これを付ける事で安心と安全を利用者に示す事が出来るのでお勧めです。

エレベーターのメンテナンスに一番必要となるのがエレベーターに一番詳しい保全技術員の導入です。エレベーターには複雑な機能を持った装置が沢山使用されており、専門の知識を持った方でないとまず修理は不可能です。

メンテナンスを行ってくれる保全技術員は全員昇降機に精通した知識を持っており、海外研修にて最先端の技術を身に付けていますので安心してエレベーターを任せる事が出来ます。

また必要な部品等については主に独自のネットワークを使って連絡を行うようにしており、大半の部品であれば迅速にお取り寄せする事が可能なので時間をかけずにエレベーターの修理が行う事が可能です。

エレベーターの管理会社と契約を行う事で無償のサービスを行ってくれる会社も存在しており、例えばエレベーターのかごや周囲の清掃をきちんとしてからメンテナンスを行ってくれるサービスもありますので契約を行う前に各種サービスについて相談しておくと良いでしょう。

その他、安全装置に何か不具合が起きた場合でもその時の状況を分かりやすく説明してくれるので難しい予備知識が一切必要ない所も嬉しいポイントです。

より安全なエレベーターにする為にも是非プロの保全技術員を導入したメンテナンスを活用するようにしましょう。
エレベーター メンテナンス

地震?エレベータ故障が!

Filed in 未分類 Leave a comment

地震でもないのにエレベーターが故障中になっている、一体大丈夫なのだろうか?よくあるのは調整中だが、、特に1基しかない企業ビルの場合、業務がうまく回らなくなってしまう可能性も大です。もちろん非常階段はありますが、10階以上のビルではなかなか、1日に数回行き来するにも難しいものがあります。

エレベーターが故障したらどれくらいで復旧するでしょう?場合によっては3日以上のケースも珍しくありません、またエレベーターメンテナンスを頼んでいればよかった、と気付いても遅すぎます。

階段でダイエット?普段使わない筋肉をいきなり使うのに階段は適していません、高齢化社会というニュアンスも響きますよね。

エレベーターは経年劣化する部分があります、ですのでメンテナンスは必須です。また故障はどうしてもある程度の確率で起こります。予測も完全には難しいものです。最近はリコール騒ぎが多いですが、自動車だけではなくエレベーターの件も多発しているそうです。定期メンテナンスをしているにもかかわらず、5年で大胆な故障が起こることも、やはりしっかりしたメンテナンス業者に任せたいものですね。

またまた災難な話ですが、エレベーターの機械には当たり外れがあるそうです、たまたまはずれに当たった場合、かなりの頻度で故障が起こる可能性も捨て切れません。はずれでもはずれとは言わず、経年劣化と言われて、ストレスも溜まりますよね。

エレベーター保守であれば、こちらをチェック!

エレベーター 保守

エレベーター メンテナンスの重要項目・ワイヤーの点検

Filed in 未分類 Leave a comment

エレベーターの命綱とも言うべきワイヤーは経年によって劣化していきます。
ワイヤーが切れた場合でも安全装置によって落下は防ぐことは出来ますが、ワイヤーが劣化した状態で使用し続けるのは非常に危険です。
エレベーター メンテナンスを定期的に行っておけばワイヤーの劣化にも気づくことが出来ます。

ワイヤーが劣化したとしてもいきなり切断されるわけではありません。
経年による劣化で素線切れが発生し、その状態でさらに使用し続けると切断に至る場合があります。
素線切れの状態になった時はワイヤーを交換してく必要がありますのでエレベーター メンテナンスでワイヤーの劣化具合を点検してもらうことは安全性の面で非常に重要なポイントです。

どこくらいの速度でワイヤーが摩耗していくかは使用頻度などで変わるため一概には言えませんが、ワイヤーが摩耗していくことはある意味自然なことです。
ワイヤーというエレベーターにとって重要な部品が摩耗していないかを定期点検で確認しておくと安心です。
素線切れが発生した際は早めにワイヤーを交換してもらいましょう。
メンテナンス会社に依頼して点検してもらえば素線切れが発生する前にワイヤーの劣化を知ることができますので、安全のためにワイヤーの定期点検は必須です。
ワイヤーの点検はエレベーター メンテナンスの中でも特に重要な項目です。
早め早めに対処し劣化したワイヤーを確実の補修しておくことで大きな事故を防ぐことが出来ます。

エレベーターのメンテナンス会社をお探しの方はこちら

エレベーター メンテナンス

安全のためのエレベーター 保守の必要性

Filed in 未分類 Leave a comment

エレベーターは当然ですが機械で出来ています。
様々な部品の組み合わせによってエレベーターという大きな昇降機として成り立っているのです。
部品の消耗具合は個々の部品によりますがひとつの部品が劣化することでエレベーター自体の故障につながることがあります。
どの部品が消耗しているか、または劣化して交換が必要な時期にきているかは保守点検で知ることが出来ます。

エレベーター 保守は管理者の義務ですので定期的にエレベーターメンテナンス会社に保守点検を依頼しなければなりません。
法律で定めらている点検は年1回ですが、安全を維持するためには月1回をはじめとする定期的なエレベーターの点検を必要とします。
部品が劣化し消耗しきって故障が発生してしまう前に部品を交換してもらい、安全性を維持しなければなりません。

また予想外の故障時にあわててメンテナンス会社を探すよりも24時間故障対応してくれる会社を選ぶ方が安心です。
点検をしていても地震などで予期せぬ不具合が発生することもあります。
そういった緊急時にもすぐに駆けつけてくれるメンテナンス会社と契約を結んでおくのとおかないのとでは安心感が全然違います。
専門技術と知識を持つ技術者が駆けつけてくれればこれほど心強いことはありませんね。
エレベーターという大きな機械を安全に維持するためには専門の技術者による点検に加え、万が一に備えた故障対応をしてくれるメンテナンス会社を選びましょう。

24時間対応してくれるメンテナンス会社はこちら

エレベーター 保守

Hello world!

Filed in 未分類 1 Comment

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

TOP